« メガトレンド 世界の終わりと始まり | トップページ | アフター・ビットコイン »

2017年12月17日 (日)

なぜ、成功する人は神棚と神社を大切にするのか?

なぜ、成功する人は神棚と神社を大切にするのか?


会社に神棚あるのっていいな〜とフト思い付き、この本を手にしてみた。
よく、初詣に行った時に頂く神札を、本棚の上とかに雑に置いてある人がいるけど、多分それってお作法的には違うんだろな?と思って。


確かに、神棚を置いて、毎朝そこで手を合わせて、感謝の気持ちを伝えるという行為は、社員の行動に規律を生み出し、丁寧に仕事をすることに繋がると思う。


毎日きれいに掃除して、お水やお塩を替えるのも、面倒ではあるが清々しい気持ちで仕事が出来るようにもなるかと。




ん〜ただ、自分がいるあのフロアに神棚か〜〜??と躊躇。
神道としての宗教的な意味合いは求めないにしても、そうは受け取らない人達もいるだろうし。


これは断念だな。

|

« メガトレンド 世界の終わりと始まり | トップページ | アフター・ビットコイン »

コメント

いろんな会社で神棚みてきましたが、途中から神棚が設置されるケースは見たことないような…。
創業時からあることが多いですよね。

急に神棚登場したら、「神頼みするぐらい会社やばいのか?」とか、心配になる人もいそうな気がします。

そういえば外資系の会社にいた時に、ラップ音がする、霊が見えるという人が続出し、有志がお金を集めて
あるフロアだけお祓いしてもらってました。
外資系なのに?とちょっと笑ってしまった記憶があります。

投稿: yoshikoo | 2017年12月20日 (水) 15時44分

神棚置いて砂砂利ひいて鳥居立てたら楽しいかな?と思ったんだけどw
確かに、神札飾ってる部署って、うまく行ってないところだ。。。やめよう。

投稿: | 2017年12月23日 (土) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メガトレンド 世界の終わりと始まり | トップページ | アフター・ビットコイン »