« ワインの授業 フランス編 | トップページ | エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 »

2015年12月 5日 (土)

優れたリーダーは、なぜ「立ち止まる」のか

優れたリーダーは、なぜ「立ち止まる」のか――自分と周囲の潜在能力を引き出す法則



色んなところで評判がよかったので読んでみた。


「立ち止まる」とは、自分に対しても他者に対しても意識的に一歩引くプロセスのこと。
それが、真正さや目的意識を持って前へ進むことを可能とする。


これが、本書に流れるテーマ。
組織を成長させる能力と、自己を成長させる能力は直結しているので、先ずは自己を成長させ、次が他者、そしてイノベーションを育むというステップで、具体的な言動の振り返り方、改善の仕方が提示している。




まぁ、正直それほど得るものはなかったな?という内容。
特に、リーダーシップとマネジメントの対比、という古典的な手法を、これでもかこれでもかと使っているため、新たな気付きをもたらすことがない。


1,500円前後の本は、その中に一つでも得られるものがあればいいかな、という気軽な気持ちで読むのがいいですね。

|

« ワインの授業 フランス編 | トップページ | エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。