« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 世に棲む日日〈1〉~〈4〉 »

2011年9月 1日 (木)

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学


会社の人材育成を考えるにあたり、何かヒントはないか?と読んでみた。

ちょっとイマイチな物語風なのだが、内容的には面白い。
部下の仕事、体重、恋愛、組織、人生といったテーマ毎に、行動分析学を適用してどう解決するか?をわかりやすく丁寧に解説してくれる。

「先行条件」「行動」「結果」の関係(行動随伴性)を分析し、結果を強化するには?その時の好子は?と考えていくもの。


・・・と、理屈はわかったのだが、じゃあ人材育成のいい施策を思いついたかと言えば、なかなか難しいもので。。。

この本の中にも、「担当者が仕事に興味を持ち、楽しめるようにするためにはどうすればよいか」という一文があったが、だからそのヒントが欲しいんだよ~~~

|

« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 世に棲む日日〈1〉~〈4〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 世に棲む日日〈1〉~〈4〉 »