« 百年アーキテクチャ~持続可能な情報システムの条件 | トップページ | ONE PIECE »

2010年10月 3日 (日)

ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか

ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか -あるITリーダーの冒険


アーキテクチャー、プロジェクトマネジメントと、色々なIT関連の書籍を読んできたが、”CIO”といテーマを前面に押し出した本を読むのは初めて。


物語としては、『ザ・ゴール』や、ITモノならデマルコの『デットライン』のように、展開が面白くてのめり込んでしまうようなものではないが、ITの効果的なマネジメントについて、とあるCIOの活動を通して、その分解・整理の仕方や、対処について、数多くの示唆を与えてくれる良書である。


・ITのコスト
・ITの標準化
・ベンダーマネジメント
・人材マネジメント

といった、なかなか”解”の見出せない課題について、解決のためのフレームワークを提供するのではなく、ケーススタディとして提供し、読者に考えさせようとする手法についついはまってしまい、それぞれのテーマについて、立ち止まって考えてしまうので、読み進めるのも大変だった。


当然、この本の中に”解”はなく、自分達で、企業風土、歴史的背景、技術レベル、アーキテクチャー成熟度、業界でのポジション等を踏まえた上で、より最適な”解”を見つけるしかない。


それは困難なことである一方で、非常に面白いチャレンジだ。
(考えるのは自由だし・・・)

|

« 百年アーキテクチャ~持続可能な情報システムの条件 | トップページ | ONE PIECE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百年アーキテクチャ~持続可能な情報システムの条件 | トップページ | ONE PIECE »